買取と下取りの違い|車査定で高値を勝ち取る|賢く生きるコツ!
女性

車査定で高値を勝ち取る|賢く生きるコツ!

買取と下取りの違い

男の人

それぞれのメリット

中古車買取をしてもらうのは、大体以下のケースになります。新車を購入するとき、中古車を購入するとき、車を手放すときでしょうか。ディーラーなどで、車を購入したことがある人なら思い出してみてください。今乗っている車を査定して、新しく乗る車の値引きにしようとすると、中古車買取ではなく下取り値引きとして扱われます。車を購入するときは注文書で契約を交わしますが、中古車買取という記載はなく、下取りとあります。下取りと買取の違いは車を売って値引きしてもらうか、現金にしてもらうかの違いになります。中古車を下取りに出す場合、中古車買取をしてもらう場合、それぞれのメリットデメリットを把握して、自分たちに合ったほうを選ぶとよいでしょう。

具体的には

ディーラーで下取りをして、新車や中古車を購入する場合のメリットや注意点は以下のとおりです。まず、メリットは下取り値引きとして扱われるので、新車や中古車の納車まで今の車を乗ることができます。下取りの契約も車を購入したディーラーで行うため、その分手間も省けます。そして、注意点は販売店毎で車種や年式、走行距離によって価格設定が決められていて、買い取り専門店に比べ安くなることが多々あるということです。一方で、中古車買取専門店で車を買い取ってもらうメリットや注意点は以下のとおりです。まず、メリットは買い取り専門店なので買取価格が高い傾向にあるということです。そして、注意点が買い取り業者は独自のネットワーク販路をもっていますので、車の引き渡しまでの期間が、思っていたよりも早まることがあります。なので、場合によっては自家用車がない期間も発生するかもしれません。普段通勤や通学で自家用車を使用している場合は、引き渡しの日にちについてしっかり相談をしましょう。中には、代車を出してくれる業者もあるので事前に確認をしておくことをお勧めします。